イエス・メディアパートナーズ

MOVIE BUSINESS

御社ウエブサイト、コンテンツに待たされませんか?

ウェブサイトのコンテンツ表示待ちを考える。

これからはネット重視という事でウェブサイトのコンテンツを増やす機会が多くなってきます。そうしていると、サイトの表示が段々と遅くなって参ります。
コンテンツをスムーズに表示する対策として、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)というサービスがあります。

コンテンツデリバリネットワーク

コンテンツデリバリネットワーク(content delivery network)とは、ウェブコンテンツをインターネット経由で配信するために最適化されたネットワークのことであります。コンテンツ配信網とも呼ばれております。
CDNを用いることにより、ウェブのみならず、大容量アプリケーション、音楽、動画の配信やオンラインゲームといったブロードバンドのコンテンツを配信することが安定かつ低コストで行えるようになります。そのためビジネス分野において注目されている。
近年ではCDNは広義の配信効率化サービスとして広がりを見せており、動画配信、ソフトウェアダウンロード、WEBサイトへのアクセス高速化・分散・負荷軽減を始め、構成上DDoS攻撃などのボリューム攻撃への高耐性を持ち合わせている点で、セキュリティ分野にまで活用の幅を広げております。

コンテンツ表示待ちを対策する

当社ではCloud Flare社のCDN(コンテンツデリバリネットワーク)を利用してコンテンツの遅延を削減しております。
Cloud Flare社はアメリカに本社がありサービスを行っておりますが、全世界にCDNのサーバーあり、サービスを提供しております。
東京にもサーバーがあり、サービスを提供しております。
日本国内でのCloud FlareのCDNシェア動向は毎年トップ3を維持しております。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-5314-9861